Top > 2012 > 6th > reference
AND OR

相対参照と絶対参照

セル番地を数式などで使うことを「参照」といいます。 たとえば、数式ならば、次のようにしてA1、B1、C1セルの値を参照して、 計算した結果を表示します。

=(A1+B1+C1)/3

セルの値を参照するのに、 「相対参照」と「絶対参照」の2つのやり方があります。

相対参照

相対参照」とは、セルの位置を相対的に参照することです。 少し詳しく説明すると、 「あるセルの位置から上下左右にどれくらいずれた位置にあるセルの値を参照する」のかという形式です。

そのため、数式をコピーすると、どのセルを参照するかが自動的に調整されます。

下の図のように、D2に入力されている数式をコピーすると、 コピー先の位置にあわせて、コピー先のセルの数式が自動的に調整されます。

相対参照

絶対参照

絶対参照」とは、相対参照とは違って、セルの位置を絶対的に参照することです。 少し詳しく説明すると、 「そのセルがある位置に関係なく、特定の位置にあるセルの値を参照し続ける」という形式です。

そのため、数式をコピーしても、絶対参照の部分は変更されません。 絶対参照を使用するには、 セル番地の列番号・行番号の前に「$」マークをつけます。 セルをコピーや移動しても、 「$」マークのある列番号や行番号は自動的には変わりません。

下の図のように、C4に入力されている数式をコピーしても、 数式のなかの絶対参照の部分だけはコピー先のセルでも同じままです。

絶対参照

相対参照と絶対参照のまとめ

相対参照と絶対参照をまとめると次の表のようになります。

参照のしかた
相対参照A1
絶対参照(セルを固定)$A$1
複合参照(行番号を固定)A$1
複合参照(列番号を固定)$A1

複合参照」とは、 相対参照と絶対参照を組み合わせて、 行番号だけ、または、列番号だだけを固定するセルの参照です。

なお、 「F4」キーを押すだけでセル番地に「$」をつけることができます。 「F4」キーを押すごとに、「$E$15」→「E$15」→「$E15」→「E15」を繰り返します。


次へ進んでください。



Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 11 Mar 2014 02:29:39 HADT (2993d)