Top > 2012 > 6th > counting_function
AND OR

個数を数える関数

次に、3種類の個数を数える関数を使って、 さまざまな個数の数え方を行ってみましょう。

数値の入力されたセルの個数を数える

まずは、 受講した学生数を関数を使って数えます。 番号(A列)を利用して、数えましょう。

「数値の入力されたセルの個数」を数えるには、 COUNT関数を使います。

COUNT(数値が入ったセルの個数を計算する)
  • 書式 : COUNT(数値1, 数値2, ...)
  • 引数 : 数値1, 数値2, ... :個数を計算するセルの範囲
  • 例:C1〜C10セルまでの数値が入ったセルの個数を数える
    =COUNT(C1:C10)
    

では、次のようにして、関数を使ってみましょう。

  1. C38セルをクリックして選択する
  2. 数式バーの「関数の挿入」ボタンをクリックする
    「関数の挿入」ボタン
  3. 利用する関数の選択する
    「関数の挿入」
    • 「関数の分類」から「統計」を選択する
    • 「関数名」から「COUNT」を選択する
    • 「OK」ボタンをクリック
  4. 引数を設定する
    「関数の引数」
    • 「値1」の入力欄をクリックし、A3〜A32セルをドラッグして範囲選択する
      (自動的に「A3:A32」と入力される)
    • 「OK」ボタンをクリックすると、結果が表示される

空白でないセルの個数を数える

次に、 科目ごとの成績一覧から、 科目ごとの受験者数を関数を使って数えます。

COUNT関数では、数値の入ったセルの個数しか数えられません。 そこで、「空白でない(値が入った)セルの個数」を数える、 COUNTA関数を使います。

COUNTA(空白でないセルの個数を計算する)
  • 書式 : COUNTA(数値1, 数値2, ...)
  • 引数 : 数値1, 数値2, ... :個数を計算するセルの範囲
  • 例:D1〜D10セルまでの空白でない(値が入った)セルの個数を数える
    =COUNTA(D1:D10)
    

まず、国語の受験者数を求めましょう。 次のようにして、関数で求めます。

  1. C39セルをクリックして選択する
  2. 数式バーの「関数の挿入」ボタンをクリックする
    「関数の挿入」ボタン
  3. 利用する関数の選択する
    「関数の挿入」
    • 「関数の分類」から「統計」を選択する
    • 「関数名」から「COUNTA」を選択する
    • 「OK」ボタンをクリック
  4. 引数を設定する
    「関数の引数」
    • 「値1」の入力欄をクリックし、C3〜C32セルをドラッグして範囲指定する
      (自動的に「C3:C32」と入力される)
    • 「OK」ボタンをクリックすると、結果が表示される

C39セルに国語の受験者数を計算できたら、 C39セルの数式をD39〜H39セルにコピーして、 他の科目の受験者数を計算しましょう。 オートフィル機能を使って、 マウス操作でコピーするとよいでしょう。

受験率の計算

学生数と科目ごとの受験者数を求めることができたら、 科目ごとの受験率を計算してください。

受験率の計算は、次のようになります。

受験率=その科目の受験者数÷学生数

上の式をもとに、Excelの数式をC40〜H40セルにつくってください。 ただし、計算結果は「0.93...」と小数点表示になるので、 次のようにして、小数点以下第1位までのパーセンテージ表示にしてください。

  1. C40〜H40セルをマウスでドラッグして範囲選択する
  2. 「ホーム」タブの「数値」グループにある、「パーセントスタイル」ボタンをクリックして、パーセンテージ表示にする
    パーセントスタイル
  3. 「ホーム」タブの「数値」グループにある「小数点以下の表示桁数を減らす」ボタン・「小数点以下の表示桁数を増やす」ボタンを使って、小数点以下第1位までが表示されるように調整する
    小数点以下の表示桁数の設定

特定の条件を満たすセルの個数を数える

次に、 個人ごとの全科目の平均点をもとに、 「60点以上を合格」として、合格者数を関数を使って数えます。

このように、 特定の条件を満たすセルの個数を数えるには、 COUNTIF関数を使います。

COUNTIF(指定された範囲のセルのうち、検索条件に一致するセルの個数を返す)
  • 書式 : COUNTIF(範囲, 検索条件)
  • 引数 : 範囲 : 個数を求めるセルの範囲
  • 引数 : 検索条件 : 個数を求めるセルの検索条件
  • 例:E1〜E10セルまでの内容が「☆」のセルの個数を数える
    =COUNTIF(E1:E10,"☆")
    
  • 例:W1〜W10セルまでの内容が「80より大きい」のセルの個数を数える
    =COUNTIF(W1:W10,">80")
    

検索条件には、次のような比較演算子を使います。 条件を満たす場合は「TRUE」(真)、 満たさない場合は「FALSE」(偽)と判断します。

演算子内容結果
=(等号)A=BAとBが等しい1=2FALSE
<>(不等号)A<>BAとBが等しくない3<>4TRUE
>(〜より大きい)A>BAがBより大きい5>6FALSE
<(〜より小さい)A<BAがBより小さい7<8TRUE
>=(〜以上)A>=BAがB以上である9>=10FALSE
<=(〜以上A<=BAがB以下である11<=11TRUE

実際に、 COUNTIF関数での検索条件は、 次のように指定します。 文字列を条件にする場合は、 「"」(ダブルクォーテーション)で囲みます。

内容
COUNTIF(A1:A10,"☆")A1〜A10セルで、値が「☆」のセルの個数
COUNTIF(A1:A10,"<=10")A1〜A10セルで、値が「10以下」のセルの個数

合格者数を計算する

まず、合格者数を求めましょう。 次のようにして、関数で求めます。

  1. C43セルをクリックして選択する
  2. 数式バーの「関数の挿入」ボタンをクリックする
    「関数の挿入」ボタン
  3. 利用する関数の選択する
    「関数の挿入」
    • 「関数の分類」から「統計」を選択する
    • 「関数名」から「COUNTIF」を選択する
    • 「OK」ボタンをクリック
  4. 引数を設定する
    「関数の引数」
    • 「範囲」の入力欄をクリックし、I3〜I32セルをドラッグして範囲指定する
      (自動的に「I3:I32」と入力される)
    • 「検索条件」の入力欄に、「>=60」と入力する
    • 「OK」ボタンをクリックすると、結果が表示される

不合格者数を計算する

次に、 不合格者数を求めましょう。 次のようにして、関数で求めます。

  1. C44セルをクリックして選択する
  2. 数式バーの「関数の挿入」ボタンをクリックする
  3. 利用する関数の選択する
    • 「関数の分類」から「統計」を選択する
    • 「関数名」から「COUNTIF」を選択する
    • 「OK」ボタンをクリック
  4. 引数を設定する
    • 「範囲」の入力欄をクリックし、I3〜I32セルをドラッグして範囲指定する
      (自動的に「I3:I32」と入力される)
    • 「検索条件」の入力欄に、「<60」と入力する
    • 「OK」ボタンをクリックすると、結果が表示される


ここまでできると、次のようになります。

途中経過


次へに進んでください。



Attach file: filecap0631.png 242 download [Information] filecap0629.png 261 download [Information] filecap0634.png 264 download [Information] filecap0632.png 251 download [Information] filecap0636.png 254 download [Information] filecap0630.png 244 download [Information] filecap0633.png 225 download [Information] filecap0635.png 246 download [Information]

Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 11 Mar 2014 01:29:39 HAST (3188d)