Top > 2010 > 3rd > ime
AND OR

日本語入力システム

日本語入力システム

ひらがなやカタカナ、漢字などを入力するには、 「日本語入力システム」(IME)を利用します。 IMEを使って、日本語を入力・変換したり、変換方法の設定をします。

2号館実習室には、Microsoft Office 2007に付属の「Microsoft Office IME 2007」が導入されています。 IMEの操作や設定は、「言語バー」で行います。

言語バー

ローマ字入力とかな入力

日本語を入力する方法には、 「ローマ字入力」と「かな入力」があります。 実習室のIMEには、ローマ字入力があらかじめ設定されています。 言語バーで、入力方法を設定することができます。

 ローマ字入力かな入力
特徴キーの「英字」の刻印にしたがって
ローマ字のつづりで入力
キーの「かな」の刻印どおりに入力
入力例:「あかい」「A」「K」「A」「I」「3」「T」「E」

入力モードの切り替え

入力モード」とは、入力される文字の種類です。 通常の入力は「直接入力」、 日本語の入力・変換は「ひらがな」というモードです。

入力モードは、次の二通りの方法で切り替えることができます。

  • キーボードで切り替え: 「半角/全角」キーを押す
  • マウスで切り替え: 言語バーの「入力モードボタン」(一番左)をクリック
    • 日本語の入力は「ひらがな」を、通常の入力は「直接入力」を選択

ローマ字の入力

ローマ字の入力には、次のような規則があります。注意しましょう。

  • 「ん」 → 「N」「N」
  • 促音(「っ」) → 子音を2回続けて入力
    • 例)いった → 「I」「T」「T」「A」
  • 拗音(「きゃ」「きゅ」「きょ」など) → 子音と母音の間に「Y」か「H」を入力
    • 例)きゃ → 「K」「Y」「A」
  • 例)てぃ → 「T」「H」「I」
    • 小さい文字(「ぁ」「ぃ」「ぅ」)の単独の入力 → 「L」か「X」のあとに入力
  • 例)ゃ → 「L」「Y」「A」

文字の変換

通常、入力した文字(ひらがな)をかな漢字に変換するには、 次の表のようになります。

変換するスペースキーまたは&keyboard{変換};キー
(もう一度キーを押すと変換候補を表示)
変換箇所を移動する&keyboard{←};&keyboard{→};キー
範囲を広げる・狭める&keyboard{Shift};+&keyboard{←};(または&keyboard{→};)キー
変換を修正する&keyboard{Esc};キー

ファンクションキーを使った変換

「F6」〜「F10」のファンクションキーを使えば、特定の種類の変換ができます。 確定するまで何回でも変換できます。

「F6」全角ひらがな例)あいうえお
「F7」全角カタカナ例)アイウエオ
「F8」半角カタカナ例)アイウエオ
「F9」全角英数字例)aioue
「F10」半角英数字例)aiueo


次へ進んでください。



Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 11 Mar 2014 01:29:39 HAST (3195d)