Top > 2011 > 10th > scatter_chart
AND OR

散布図の作成

シートを切り替えて、グラフを作成します。 「散布図」という名前のシートをクリックして選択してください。

シートの切り替え

散布図

散布図

散布図の特徴は、次のとおりです。

  • 2種類のデータ間の関係を視覚的に表現するのに使われる
  • 2種類のデータを、縦軸と横軸の座標で表して、全体の分布を確認する

散布図を扱うときの注意点は、次のとおりです。

  • 基本的に縦軸横軸でどのデータを扱うかは自由だが、グラフから予測をする場合は、横軸に説明変数となるデータ、縦軸に目的変数となるデータを扱う
  • 複数のデータ系列がある場合は、系列ごとに塗りつぶしの色やマーカーの形を変えることで、系列の違いを明確にする

散布図の作成

次のようにして、散布図を作成してみましょう。 まず、「男性」のデータ(身長、体重)の散布図を作成します。

  1. B4〜C25セルをマウスをドラッグして範囲選択する
  2. 「挿入」タブの「グラフ」グループにある「散布図」ボタンをクリックする
  3. メニューから「散布図」の「散布図(マーカーのみ)」を選択する
    「散布図」ボタン
  4. グラフが作成される

次に、男性のデータ系列の名前を「男性」にして、 女性のデータ系列を追加することにします。

  1. 「グラフツール」→「書式」タブの「デザイン」グループにある「データの選択」ボタンをクリックする
    「データの選択」ボタン
  2. 「データソースの選択」ウィンドウが表示される
    データソースの選択
    • 凡例項目(系列)から「男性 体重」を選択する
    • 「編集」をクリックする
  3. 「系列の編集」ウィンドウが表示される
    系列の編集
    • 「系列名」の入力欄を削除した後、B4セルをクリックする
      (「=散布図!$B$4」と入力される)
    • 「OK」ボタンをクリックする
  4. 「データソースの選択」ウィンドウに戻る
    データソースの選択
    • 凡例項目(系列)から「追加」をクリックする
  5. 「系列の編集」ウィンドウが表示される
    系列の編集
    • 「系列名」の入力欄を削除した後、D4セルをクリックする
      (「=散布図!$D$4」と入力される)
    • 「系列Xの値」の入力欄を削除した後、D6〜D25セルをドラッグする
      (「=散布図!$D$6:$D$25」と入力される)
    • 「系列Yの値」の入力欄を削除した後、E6〜E25セルをドラッグする
      (「=散布図!$E$6:$E$25」と入力される)
    • 「OK」ボタンをクリックする
  6. 「データソースの選択」ウィンドウに戻ったら、「OK」ボタンをクリックする

作成できたら、グラフに次の設定をしてください。

  • グラフのタイトルを「クラスの身長と体重の分布」にして、フォントの「太字」を解除する
  • 凡例は「グラフの右」に配置する
  • 縦軸の軸ラベルを「体重(kg)」にして、フォントの「太字」を解除する
  • 横軸の軸ラベルを「身長(cm)」にして、フォントの「太字」を解除する
  • 縦軸の目盛りは最小値を「30」、最大値を「100」、「目盛間隔」は「10」にする
  • 横軸の目盛りは最小値を「130」、最大値を「200」、「目盛間隔」は「10」にする

ここまでできると、次のようになります。

途中経過


次へ進んでください。



Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 06 Dec 2011 21:45:08 HADT (3821d)