Top > 2009 > 7th > spreadsheet
AND OR

表計算ソフトについて

表計算ソフトとは

表計算ソフトとは、表形式で、データの計算やグラフ作成からデータの管理まで、 さまざまな機能を持ったソフトです。

主な機能は、次のとおりです。

表の作成豊富な編集機能を使ってさまざまな形式の表を作成
表の計算豊富に用意された関数を使った数式で入力されたデータを計算・処理
グラフの作成表のデータをもとにグラフを作成して視覚的にデータを比較したり傾向を把握
データの管理住所録や売上台帳のような大量のデータを並び変えたり必要なデータだけを抽出
データの分析クロス表等の機能を使って大量のデータの傾向をつかむなどの分析

Excel の画面構成

この授業では、代表的なワープロソフトである、 「Microsoft Excel 2007」(マイクロソフト社)を使って、 文書作成を実習します。

Excelのウィンドウ上での、各部の名称は次のとおりです。

Excelの画面
  1. Officeボタン
    ファイルの新規作成や保存、印刷などの処理を選択することができます
  2. クイックアクセスツールバー
    登録されたよく使う機能(上書き保存、元に戻す、やり直す)のボタンを クリックすることで、その機能をすぐに利用できます
  3. タイトルバー
    編集中の文書のファイル名とアプリケーション名が表示されます
  4. リボン
    関連する機能ごとに「タブ」を分類されていて、 選択することで利用できる機能を切り替えることができます
  5. 行番号
    シートの行番号(1〜1048567まで1,048,567行)を示します
  6. 列番号
    シートの列番号(A〜XFDまで16,384列)を示します
  7. セル
    シート内のマス目のことで、列番号と行番号の組み合わせで位置(セル番地)をあらわす
    (例:E列の8行目のセルは「E8」となる)
  8. アクティブセル
    処理の対象となるセルで、太枠で囲まれて表示されます
  9. 名前ボックス
    アクティブセルのセル番地などを示します
  10. 数式バー
    アクティブセルの内容(数式など)を表示します
  11. シート見出し
    ブック(Excelのファイル)にあるシートの見出しを示します
  12. ステータスバー
    現在の作業状況などが表示されます
  13. 表示モード
    シートの表示モードをを切り替えることができます
    (左から、標準、ページレイアウト、改ページプレビュー)


次へ進んでください。



Attach file: fileis0700.png 153 download [Information]

Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 11 Mar 2014 02:29:39 HADT (2996d)