Top > 2012 > 11th > pie_chart
AND OR

円グラフの作成

シートを切り替えて、グラフを作成します。 「円グラフ」という名前のシートをクリックして選択してください。

シートの切り替え

円グラフ

円グラフ

円グラフの特徴は、次のとおりです。

  • 全体に対する項目ごとの内訳(構成比)を視覚的に把握するときに使う
  • 構成比をシンプルに表現するのに適している(複雑な表現は帯グラフのほうがよい)

円グラフを扱うときの注意点は、次のとおりです。

  • 全体で必ず100%になるようにする
  • 内訳は、基本的に、数量の大きい順に右回り(時計回り)に並べる
  • 「その他」の項目は最後にする
  • 項目ごとに色や模様(パターン)を変える
  • 各項目の面積が構成比を表現しているため、誤解を与えないよう、楕円にして表現する場合には注意が必要

円グラフの作成

次のようにして、円グラフを作成してみましょう。

  1. B6〜C12セルをマウスをドラッグして範囲選択する
  2. 「挿入」タブの「グラフ」グループにある「円」ボタンをクリックする
  3. メニューから「2-D円」の「円」を選択する
    「円グラフ」ボタン
  4. グラフが作成される

作成できたら、グラフに次の設定をしてください。

  • グラフエリアの大きさを大きくする
  • グラフのタイトルを「会派別国会議員の数(参議院)平成19年」にして、フォントの「太字」を解除して、フォントサイズを「14」にする
  • 凡例は「なし」に設定する

あと、データラベルを円グラフのまわりに「分類」、「パーセンテージ」の 2つを表示するように設定します。

  1. 「グラフツール」→「レイアウト」タブの「ラベル」グループにある「データラベル」ボタンをクリックする
  2. メニューから「その他のデータラベルオプション」を選択する
    「データラベル」ボタン
  3. 「データラベルの書式設定」ウィンドウが表示される
    「データラベルの書式設定」
    • ラベルの内容で「分類名」、「パーセンテージ」をチェックする
    • ラベルの内容で「値」のチェックを外す
    • ラベルの位置で「外部」を選択する
    • 「区切り文字」のメニューを「改行」に設定する
  4. 「閉じる」ボタンをクリックする

設定できたら、円グラフのまわりにある、 データラベルをひとつずつ選択して、 ドラッグして位置を移動させてください。

できあがると、次のようになります。

途中経過

円グラフの応用

ドーナツグラフ

ドーナツグラフ

ドーナツグラフの特徴は、次のとおりです。

  • 基本的には、円グラフと同じ表現
  • くりぬかれた中心部分には、データの説明や合計値などを書いておく


次へ進んでください。



Attach file: filecap0936.png 430 download [Information] filecap0937.png 418 download [Information] filecap0935.png 427 download [Information] filecap0934.png 408 download [Information]

Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Sun, 02 Dec 2012 22:10:14 HAST (3289d)