Top > 2022 > BHS > 4th > 1st
AND OR

演習の内容

使用するファイルのダウンロード

今回の演習で使用するファイルを、 Moodleの授業のページからダウンロードして、 自分のパソコンに保存します。

  1. Moodleにある授業のページにアクセスする
  2. 「第4回」の「演習用ファイル(ダウンロードしてパソコンに保存)」をクリックする
  3. 「名前を付けて保存」ボタンでファイルを保存した後、ファイルを開く

ダウンロードしたファイルを開いて、ウィンドウ上部の「編集を有効にする」をクリックして、演習をすすめます。

3.1 棒グラフの作成(38~41ページ)

テキストの38~41ページまでの説明にしたがって、操作してください。
とくに、手順4と手順5(40~41ページ)では、次のような設定もしてください。

  • 手順4(40ページ)
    • グラフタイトルを「グラフの上」に追加して、「医療関係従事者数」と設定
    • 軸ラベルとして「第1縦軸」を追加して、「人数」と設定
    • データラベルを「外側」に追加
    • 目盛線として「第1主横軸」を追加
  • 手順5(41ページ)
    • グラフの棒を塗りつぶす色を別の色(単色)に設定
    • グラフの棒の枠線の色を「単色」で塗りつぶす色とは別の色に設定

シートの切り替え

ここまでの演習ができたら、 使用するシート(ワークシート)を切り替えてください。

  1. ウィンドウ左下の「3.2」をクリック
  2. 表示されるシートが切り替わる

3.2 円グラフの作成(42~44ページ)

テキストの42~44ページまでの説明にしたがって、操作してください。
操作ができたら、さらに次のようにして、文字の色を「白」に設定してください。

  • 「ホーム」メニューを選択
  • 「ホーム」メニューにある「フォントの色」の「▼」をクリックして、色を設定

シートの切り替え

ここまでの演習ができたら、 使用するシート(ワークシート)を切り替えてください。

  1. ウィンドウ左下の「3.3」をクリック
  2. 表示されるシートが切り替わる

3.3 折れ線グラフの作成(45~47ページ)

テキストの45~47ページまでの説明にしたがって、操作してください。
操作ができたら、さらに次のようにして、「マーカー付き折れ線」のグラフも作成してください。

  • 「挿入」メニューの「折れ線」をクリック
  • 表示されたメニューから、右端上から2段目の「マーカー付き折れ線」を選択
  • データラベルをグラフの「上」に追加

シートの切り替え

ここまでの演習ができたら、 使用するシート(ワークシート)を切り替えてください。

  1. ウィンドウ左下の「3.4」をクリック
  2. 表示されるシートが切り替わる

3.4 レーダーチャートの作成(48~49ページ)

テキストの48~49ページの説明にしたがって、操作してください。
操作ができたら、さらに次のようにして、データラベルを追加してください。

  • 「グラフツール」の「デザイン」メニューにある「グラフ要素を追加」をクリック
  • 「データラベル」の「その他のデータラベルオプション」を選択
  • データラベルが項目名と重ならないように、ドラッグして位置を調整

それができたら、「大阪湾」「紀伊水道」「播磨灘」「広島湾」「伊予灘」の各海域のレーダーチャートも作成してください。

データの保存

ここまでできたら、ファイルを名前を変更して保存するように、 次の操作をしてください。

  1. 「ファイル」タブをクリックして、「名前を付けて保存」を選択
  2. 保存する場所に「このPC」を選択した後、「参照」をクリック
  3. ファイルを保存したいフォルダを選択
  4. ファイル名に「0510」+「学籍番号」+「.xlsx」を設定(半角文字で)
    • 例:学籍番号がH2211000の場合、ファイル名は「0510h2211000.xlsx」
  5. 「保存」ボタンをクリック

Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Thu, 28 Apr 2022 01:13:27 HADT (69d)