Top > 2012 > 1st
AND OR

健康統計学 第1回

授業のすすめ方

担当者

  • 河野 稔(かわの みのる:健康科学部健康システム学科
  • E-mail: kawano@hyogo-dai.ac.jp(携帯電話はQRコードをどうぞ)
    kawano%40hyogo-dai.ac.jp

授業の目的

この授業では、統計学の基礎を修得することを目的としています。 また、統計資料をはじめとする、資料のまとめ方についても学習する予定です。

テキストと資料

  • 『やさしい保健統計学 改訂第4版』縣 俊彦著(南江堂)
  • 資料は適宜プリントを配布します。休んだ授業の資料は、eラーニングのサイトから印刷できる予定です。

授業の内容

統計学の基礎全般について学習します。 授業では、講義とともに、表計算ソフト(Excel)を使用した統計処理に関する演習も行います。 演習問題には、身近なデータから人口動態・静態統計など保健統計に関する資料など、幅広く例題を取り上げる予定です。

1回の授業でテキストの1つの章」をだいたいの目安に、 次のような内容について学習します。

  • 代表値(データの特徴を調べる):平均値、中央値、最頻値など
  • 散布度(散らばり具合を調べる):分散、標準偏差など
  • 関係を調べる:相関と回帰
  • 確率:確率、順列、組み合わせ
  • 確率分布:正規分布、カイ2乗分布、t分布、F-分布など
  • 推定(範囲を調べる):点推定、区間推定など
  • 検定(違いを調べる):カイ2乗検定、t-検定、F-検定、分散分析など

この授業では、「eラーニング」を利用します。 出席確認や課題提出は、このeラーニングのサイトを利用します。 自宅からでもアクセスできます。

成績の評価

  • 成績(100点)=小テスト(20点)+課題など(20点)+中間・定期試験(60点)
  • 授業全体回数の3分の1以上の回数休むと、評価はなし

今回の内容

  1. オリエンテーション
  2. 統計の必要性
    • 統計学とは
    • 記述統計と推測統計
  3. eラーニングへの登録(宿題)
    • 配布プリントを参考に、次回の授業までに済ませておくこと

Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 11 Mar 2014 01:49:36 HADT (3127d)