Top > 2011 > 6th > Excel2
AND OR

Excelで散布図と回帰直線を作成

2組のデータの関係性を視覚的に把握するには、 「散布図」を用います。

また、表計算ソフトのExcelでは、 作成した散布図を利用して、 「回帰直線」(単回帰直線)を描いたり、 回帰式を表示することができます。

Excelで散布図の作成

散布図の作成

eラーニングの画面からダウンロードできるExcelのファイルを利用してみます。 「【練習】相関と回帰」というシートで作成します。

次のようにして、散布図を作成してみましょう。

  1. マウスをドラッグして、B2〜C22セルを範囲選択する
    範囲選択
  2. 「挿入」タブの「グラフ」グループにある「散布図」ボタンをクリックする
  3. メニューから「散布図(マーカーのみ)」を選択する
    「散布図(マーカーのみ)」ボタン
  4. グラフが作成される

作成できたら、グラフに次の設定をしてください。

  • 凡例は表示を「なし」にする
  • グラフのタイトルを「最高気温とアイスクリーム店の客数」設定する
  • 縦軸の軸ラベルを「客数(人)」と設定する
  • 横軸の軸ラベルを「最高気温(℃)」と設定する
    散布図

軸の設定

横軸(最高気温)が「0度」から表示されているため、 データの分布がグラフの右端に偏ってしまっています。

そこで、横軸の範囲を「26度〜36度」の範囲に変更してみましょう。

  1. メニューの「グラフツール」の「レイアウト」にある「軸」→「主横軸」→「主横軸オプション」を選択する
    主横軸オプション
  2. 「軸の書式設定」が表示されるので、次のように設定する
    • 「最小値」を「固定」に選択して、入力欄に「26.0」と入力
    • 「最大値」を「固定」に選択して、入力欄に「36.0」と入力
    • 「目盛間隔」を「固定」に選択して、入力欄に「1.0」と入力
      軸の書式設定
  3. 「閉じる」をクリックすると、横軸の表示が変更される
    散布図(横軸の設定後)

あとは、 必要に応じて、 縦軸の範囲も設定したり、 デザインの変更をすると良いでしょう。

Excelで回帰直線の作成

Excelでは、「近似曲線」という機能で、 回帰直線を描くことができます。

  1. メニューの「グラフツール」の「レイアウト」にある「近似曲線」→「その他の近似曲線オプション」を選択する
    近似曲線オプション
  2. 「近似曲線の書式設定」が表示されるので、次のように設定する
    • 「近似または回帰の種類」を「線形近似」に選択する
    • 「予測」の「前方補外」・「後方補外」の入力欄に、それぞれ「0.5」と入力
    • 「グラフに数式を表示する」と「グラフにR-2乗値を表示する」のチェック欄をクリックしてチェックする
      近似曲線の書式設定
  3. 「閉じる」をクリックすると、散布図のグラフに回帰直線(と回帰式)が表示される
    回帰直線

これで、回帰曲線と同時に、回帰式(傾き、y切片)、決定係数(R^2値)が表示されます。


Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 11 Mar 2014 01:49:36 HADT (3000d)