Top > 2021 > BHS > 12th > 1st
AND OR

演習の内容

使用するファイルのダウンロード

今回の演習で使用するファイルを、 Moodleの授業のページからダウンロードして、 自分のパソコンに保存します。

  1. Moodleにある授業のページで、「第12回」の「演習用ファイル(ダウンロードしてパソコンに保存)」をクリックする
  2. 「名前を付けて保存」ボタンでファイルを保存した後、ファイルを開く

ダウンロードしたファイルを開いて、ウィンドウ上部の「編集を有効にする」をクリックして、演習をすすめます。

11.1 母平均の差の検定(168~173ページ)

両側検定をする(168~173ページ)

テキストの168~173ページまでの説明にしたがって、 有意水準5%(α=0.05)で両側検定をしますが、 次に指示をする箇所については、テキストの説明を読み替えて操作してください。

  • 168ページ:手順1
    • 文字はあらかじめ入力済みなので、入力する必要はない
    • 次のようにして、COUNT関数を使って、E1セルに利根川水系のイワナの数を計算
  1. E1セルをクリックして選択
  2. 「数式」タブの「関数の挿入」をクリック
  3. 「関数の挿入」で、関数の分類に「統計」を選択し、「COUNT」を選択して「OK」をクリック
  4. 「数値1」の欄に「A2:A13」を指定して「OK」をクリック
    • 同じようにして、COUNT関数を使って、E2セルに信濃川水系のイワナの数(B2~B9セル)を計算
    • AVERAGE関数を使って、E4セルに利根川水系のイワナの体長の標本平均 \normalsize \bar{x}_1 を、E5セルに信濃川水系のイワナの体長の標本平均 \normalsize \bar{x}_2 を計算
  • 169ページ:手順2
    • VAR.S関数を使って、E7セルに利根川水系のイワナの体長の標本分散 \normalsize {s_1}^2 を、E8セルに信濃川水系のイワナの体長の標本分散 \normalsize {s_2}^2 を計算
  • 169ページ:手順3
    • E9セルに次の計算式を入力して、共通の分散を \normalsize s^2 を計算
      =((E1-1)*E7+(E2-1)*E8)/(E1+E2-2)
         ^^        ^^         ^^^^^  ←テキストとの違いに注意すること!
  • 170ページ:手順4
    • E11セルに次の計算式を入力して、検定統計量を計算(ABS関数で絶対値をとるので、正の値になる)
      =ABS(E4-E5)/SQRT((1/E1+1/E2)*E9)
       ^^^        ^^   ^^   ←テキストとの違いに注意すること!
  • 171ページ:手順5
    • E14セルに、確率「0.05」を入力
    • E15セルに、T.INV.2T関数を使って、t分布の値(t値)を求める
      • 引数の「確率」の入力欄は「E14」セルを指定
      • 引数の「自由度」の入力欄は「E1+E2-2」と入力
  • 172ページ:手順6
    • E18セルに次の計算式を入力して、検定統計量が棄却域に含まれるかどうがの判別を表示させる(検定統計量≧棄却限界なら「含まれる」、そうでない「含まれない」と表示)
      =IF(E11>=E15,"含まれる","含まれない")  ←IF関数を使用

さらに、検定の結果を文章としてまとめましょう。
E18セルの結果から判断して、E19セルに「異なる」のか「異なるとはいえない」のか、検定の結果を文章で入力してください。

片側検定をする(173ページ)

両側検定の求め方を参考に、 次のセルに計算をして、 有意水準5%(α=0.05)で片側検定を求めてください。

  • H14セル:「0.05」と入力
  • H15セル:棄却限界を次のようにして計算
    • 「数式」メニューから「関数の挿入」を選択し、分類を「統計」にしたあと、「T.INV」関数を選択
    • 引数の「確率」の入力欄は「1-H14」セルを指定
    • 引数の「自由度」の入力欄は「E1+E2-2」と入力
  • H18セル:IF関数を使って、検定統計量(E11)と棄却限界(H15)を比較して、検定統計量が棄却域に含まれるかどうがの判別を表示
  • H19セル:H18セルの結果から、「信濃川の方が大きい」のか「大きいとはいえない」のか、検定の結果を文章で入力

シートの切り替え

ここまでの演習ができたら、 使用するシート(ワークシート)を切り替えてください。

  1. ウィンドウ左下の「11.2」をクリック
  2. 表示されるシートが切り替わる

11.2 分析ツールの利用法(174~175ページ)

まず、次のように操作して、分析ツールを読み込みます。

  1. 「ファイル」タブをクリック
    ファイルタブ
  2. 左側のメニューから「オプション」を選択
    オプションの選択
  3. 「Excelのオプション」ウィンドウの左側から「アドイン」を選択し、 「管理(A)」を「Excelアドイン」に設定した後、「設定」ボタンをクリック
    アドインの設定
  4. 「アドイン」ウィンドウの「分析ツール」をクリックしてチェックをしたら、「OK」ボタンをクリック
    アドインの設定
  5. 分析ツールを使うときは、「データ」タブにある「分析ツール」をクリック
    分析ツールの利用

分析ツールを読み込めたら、 テキストの174~175ページまでの操作をして、 「t検定:等分散を仮定した2標本による検定」を求めて、 テキスト175ページの結果と一致するかを確かめてください。

操作ができたら、さらに次のようにして、新しくできたシートの名前を変更してください。

  1. 新しくできたシート(「Sheet~」ではじまる名前)の名前を右クリック
  2. メニューから「名前の変更」を選択
  3. シートの名前が入力できるので、「分析ツールの結果」と変更して「Enter」キーを押す

Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Sun, 04 Jul 2021 16:05:23 HADT (327d)