Top > 2012 > 2nd > Frequency_Table_by_Excel
AND OR

Excelで度数分布表を作成

表計算ソフトの「Microsoft Excel」を使って、 度数分布表を作成する場合、 関数を使わなくても、四則演算(+−*/)だけでも作成できます。

しかし、データ数が多い場合に度数を求めたり、 度数などの合計を求めるときには、 関数を使えばデータを処理しやすくなります。

度数分布表の作成で使用する関数

  • 合計は、SUM関数を利用します。
    SUM(合計を計算する)
    • 書式 : SUM(数値1, 数値2, ...)
    • 引数 : 数値1, 数値2, ... :平均を計算するセルの範囲
    • 例:B1〜B10セルまでのセルの数値の平均値を計算する
      =SUM(B1:B10)
      
  • 「値が60以上のセル」のように、特定の条件を満たすセルの個数を数えるには、COUNTIF関数を使います。
    COUNTIF(指定された範囲のセルのうち、検索条件に一致するセルの個数を返す)
    • 書式 : COUNTIF(範囲, 検索条件)
    • 引数 : 範囲 : 個数を求めるセルの範囲
    • 引数 : 検索条件 : 個数を求めるセルの検索条件
    • 例:W1〜W10セルまでで値が「80以上」のセルの個数を数える
      =COUNTIF(W1:W10,">=80")
      

COUNTIF関数を利用して数式をつくるとと、 「40以上60未満の値があるセルの数」を求めることができます。 ただし、COUNTIF 関数には条件は1つしか設定できないため、 ひとつの数式でCOUNTIF 関数を2つ使います。

COUNTIF関数を使った処理

たとえば、C1〜C7セルに上の図のように点数の値が入力されているとします。 そのときに、「40以上60未満の値があるセルの数」を求める場合は、 次のような数式になります

=COUNTIF(C1:C7,">=40")-COUNTIF(C1:C7,">=60")

つまり、「40以上の値があるセルの数」と「60以上の値があるセルの数」の差を求めればよいわけです。


Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 11 Mar 2014 01:49:36 HADT (3723d)