Top > Lecture > InfoPrac2004 > 7th > analyse
AND OR

データを分析する

「勝ち点」のシートのデータを、 もう少し分析してみましょう。

  1. ワークシートの見出しから、「勝ち点」をクリック

ここは詳しい説明をしないので、 自分で考えてみましょう(ほかの人と相談してもかまいません)。

勝ち点の累積値を求める

いまは節ごとの勝ち点がわかっています。

この表を少し変更して、 勝ち点の累積値(前の節までの勝ち点の合計)を求めてみましょう。

つまり、次のような表があるとすると、

第1節第2節第3節
Aチーム301
Bチーム133
Cチーム001

勝ち点の累積は、次のようになります。 各節の結果には、前の節までの合計が表示されます。

第1節第2節第3節
Aチーム334
Bチーム146
Cチーム001

このように累積値が表示されるように、 C2〜P2セルの計算式を変更してください。

ヒント
前の節との合計を計算する式は、 C2セルの場合は、次のようになります。 この式を使って考えてください。
=B2+IF(MID(試合結果!C2,2,1)="○",3,IF(MID(試合結果!C2,2,1)="△",1,0))

順位を求める

累積値が計算できると、 最終節(第15節)のデータが、 勝ち点のすべての節の合計になっているのがわかります。

この第15節の勝ち点のデータを使って、 順位をつけましょう。

順位をつけるには、 第6回で紹介した、 RANK関数を使ってください。 また、同じく、 第6回で紹介した、 絶対参照も利用してください。

  1. Q1セルに「順位」と入力
  2. Q2セルに、RANK関数と絶対参照を使って、順位を計算
  3. Q2セルの計算式を、Q3〜Q17セルにコピー
相対参照と絶対参照
「C1」や「D22」のようなセル番地を指定した計算式を、 別のセルにコピーすると、計算式の中のセル番地まで変わってしまいます。 このようなセルの参照のしかたを「相対参照」といいます。
「$C$1」や「D$22」のように「$」記号を使ってセル番地を指定した計算式を、 別のセルにコピーしても、計算式の中のセル番号は変わりません。 このようなセルの参照のしかたを「絶対参照」といいます。
まとめると次のようになります。
参照のしかた
相対参照A1
絶対参照(セルを固定)$A$1
絶対参照(行を固定)A$1
絶対参照(列を固定)$A1


次へ進んでください。


}}


Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 11 Mar 2014 02:20:22 HADT (3757d)