Top > Lecture > CompPracE2005 > 12th > 1st
AND OR

情報モラル

インターネットの光と影

パソコンやインターネットが普及したおかげで、 多くの人とメールのやり取りができたり、 世界中の商品を簡単に購入できたり、 Webページを使ってコミュニケーションができたり、 私たちの生活は豊かになりました。

その反面、 ささいな書き込みがトラブルに発展したり、 メールを使ってお金を騙しとる詐欺や凶悪な犯罪など、 インターネットの世界はトラブルや危険と隣り合わせでもあります。

自動車社会では交通ルールやマナー・法律が必要なように、 情報化社会では、 パソコンやインターネットを特徴を理解して、 利便性危険性を理解する必要があります。 このような考え方を「情報モラル」といいます。

情報モラル

配布された資料をもとに、 情報モラルの一部について説明します。 次のポイントに注意してください。

  • パソコンやインターネットの操作だけが重要ではない
  • 利便性と危険性を十分に理解する
  • 背景にある仕組みを理解する
  • ネット上のコミュニケーションも現実のコミュニケーションと同じ

テーマの選択

課題では、ネット上のトラブル・犯罪の危険性を訴えるCMを作ります。 自分たちの体験や様々な資料をもとに、 作品を制作します。

課題を作成するグループ(2人)を決めてください。 一人で行ってもかまいません。

グループが決まったら、下の表から、興味のあるテーマを1つ選択してください。 キーワードは、テーマに関連する言葉です。

番号テーマキーワード
1情報の信頼性検索サイト、公式サイト、更新日
2個人情報の漏えいアンケート、クレジットカード、廃棄パソコン
3ネチケット電子メールのマナー、掲示板のマナー、荒らし行為
4迷惑メールチェーンメール、スパム
5売買のトラブルオークション、違法物・危険物の販売
6コンピュータウィルスウィルス対策ソフト、ソフトの不具合
7不正アクセスなりすまし、パスワードの管理
8有害情報アダルトサイト、暴力的な表現、違法な情報
9著作権の侵害違法コピー、キャラクターの利用
10ネット詐欺ワンクリック詐欺、フィッシング詐欺

Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 11 Mar 2014 02:20:22 HADT (3752d)