Top > 2011 > 7th > ranking_function
AND OR

順位を求める関数

次に、個人ごとの全科目の合計点をもとに、 点数の高い人から順位をつけてみましょう。 データごとの順位を求めるには、RANK 関数を使用します。

RANK関数

RANK関数は、次のような関数です。

RANK(数値が指定された範囲で何番目に位置するかを返す)
  • 書式 : RANK(数値, 範囲, 順序)
  • 引数 : 数値 : 順位を調べる数値
  • 引数 : 範囲 : 調べるセルの範囲
  • 引数 : 順序 : 順位の並べ方
    • 0か省略なら、大きいもの順に順位をつける(降順)
    • 0以外の数字なら、小さいもの順に順位をつける(昇順)

RANK関数を利用した処理

L列に全科目の合計点をもとにした順位を求めてみましょう。 ここでは、絶対参照も利用します。

  1. L3セルをクリックして選択する
  2. 数式バーの左側にある「関数の挿入」ボタンをクリックする
    「関数の挿入」ボタン
  3. 「関数の挿入」ウィンドウが表示されたら、利用する関数を選択する
    「関数の挿入」ボタン
    • 「関数の分類」から「統計」を選択する
    • 「関数名」から「RANK」を選択する(「関数の検索」に「順位」と入力して検索してもよい)
  4. 「関数の引数」ウィンドウが表示されたら、引数を設定する
    「関数の挿入」ボタン
    • 「数値」の入力欄をクリックし、J3セルをクリックして指定する
      (自動的に「J3」と入力される)
    • 「範囲」の入力欄をクリックし、J3〜J32セルをドラッグしてして指定する
      (自動的に「J3:J32」と入力される)
    • 「J3:J32」に「$」マークを入力して、「$J$3:$J$32」とする
    • 「順序」の入力欄をクリックし、「0」と入力
  5. 「OK」ボタンをクリックすると、順位が計算される

「範囲」の指定に絶対参照を利用しています。 絶対参照を利用することで、数式をコピーしても、 絶対参照したセル番地は変わらないので、 ただしく順位を求めることができます。

計算ができたら、オートフィル機能を使って、 L3セルの数式をL4〜L32セルにコピーします。

  1. L3セルをクリックして選択する
  2. 選択した範囲の右下にある■(フィルハンドル)にマウスのポインタを合わせる
  3. マウスのポインタが「+」に変わったら、L32セルまでドラッグする
  4. ドラッグし終えると、L4〜L32セルまでに数式がコピーされて、順位が求められる


次へ進んでください。



Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Sun, 06 Nov 2011 21:59:55 HADT (3894d)