Top > 2015 > BHS > 13th
AND OR

健康統計の基礎 第13回

今回は、対応のある平均の差の検定(テキスト 168~175ページ)について学習します。

表計算ソフト「Excel 2013」を使って、 推測統計学の手法のひとつである、 仮説検定について演習をします。

テキスト

  • 石村貞夫・劉晨・石村友二郎(2013)『Excelでやさしく学ぶ統計解析2013』東京図書.

今回の内容

小テスト

前回説明した、平均の差の検定について、 理解度を把握するための小テストを実施します。

ミニ講義

テキストの「第12章 対応のある平均の差の検定」(168~175ページ)について、 解説をします。 テキストに書かれていないことも説明しますが、 説明した内容はすべて、次回の授業で小テストをして理解度を確認する予定です。

演習

演習では、テキストの次の内容に取り組みます。 ただし、項目ごとに指示がありますので、それにしたがって演習をすすめてください。

  • 12.1 対応のある母平均の差の検定(169~173ページ)
  • 12.2 分析ツールの利用法(174~175ページ)

今回の課題


Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Mon, 13 Jul 2015 02:14:41 HADT (3202d)