Top > Lecture > CompPracR2004 > 2nd > 2nd-1
AND OR

「マウスを使った操作」

マウスの操作

現在のパソコンの操作に欠かせない機器が「マウス」です。 机の上でマウスを動かせば、それにあわせて、 画面上の矢印「マウスポインタ」も動きます。 (テキスト:15ページ)

クリック左ボタンを1回押す画面上のものを選ぶ・ボタンを押す
ダブルクリック左ボタンを素早く2回押すソフトの実行・ファイルを開く
右クリック右ボタンを1回押すポインタの場所に合わせたメニューを表示
ドラッグ左ボタンを押したままマウスを動かす画面上のものを動かす・選択範囲を決める

Windowsの画面

現在のような、マウスを使って直感的に操作する画面を 「GUI」といいます。 昔のパソコンは、「CUI」といって、 文字だけが表示される画面を、 キーボードで操作していました。 (テキスト:23〜24ページ)

デスクトップ作業を行なう場所
アイコンプログラムやファイルにアクセスするための小さな絵
ウィンドウプログラムやファイルの内容を表示する場所
タスクバー開いているウィンドウの表示(ボタン形式での表示)
[スタート]ボタンプログラムの起動・検索や設定などの各種機能

アイコンの中には、Windowsを利用するための重要なアイコンがあります。

マイ ドキュメント自分が作成したファイルを管理する専用のスペース
マイ コンピュータパソコンの中のファイルの一覧や記憶装置の状況がわかる
ごみ箱削除したファイルなどが一時的に保存される(空にするれば完全に削除)

ウィンドウの操作

ウィンドウは、同時にいくつも開いておき、効率的に作業を切り替えることができます。 ウィンドウの名前は、上部にある「タイトルバー」に表示されます。 (テキスト:24〜26ページ)

開くアイコンをダブルクリック・[スタート]ボタン
閉じる「閉じる」ボタン(ウィンドウ右上角)をクリック
移動するタイトルバーをドラッグ
サイズの変更ウィンドウの外枠や角をドラッグ
最大化「最大化」ボタン(ウィンドウ右上角の中央)をクリック(同じボタンをクリックで、元に戻る)
最小化「最小化」ボタン(ウィンドウ右上角の左端)をクリック(タスクバーのボタンをクリックで、元に戻る)
切り替えタスクバーのボタンをクリックするか、[Alt]+[Tab]キーを押す

Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 11 Mar 2014 02:20:22 HADT (3752d)