Top > Lecture > FollowUp2007 > point
AND OR

文書作成のポイント

ワープロで文書を作成する上で、 活用すると良いポイントを紹介します。

編集機能を活用する

ワープロの最大のメリットは、 「編集が自由にできる」ことです。 文書を順番に書く必要はありません。 思いついた順に文章を入力した後で、 書き換えたり、順番を入れ替えたりすればよいのです。

文字のコピーや削除は、メニューやボタンで操作できますが、 キーボードからでもできます。

メニューの操作ボタンの操作キーボードの操作
コピー「編集」→「コピー」を選択[コピー]ボタンをクリック「Ctrl」キーと「C」キーを同時に押す
貼り付け「編集」→「貼り付け」を選択[貼り付け]ボタンをクリック「Ctrl」キーと「V」キーを同時に押す
削除「編集」→「切り取り」を選択[切り取り]ボタンをクリック「Ctrl」キーと「X」キーを同時に押す

フォントを使い分ける

フォント」とは、コンピュータ上での書体(文字の形)です。

フォントの種類は、大きく2種類に分けられます。 それぞれの特長を生かして、使い分ければ、より読みやすい文書ができます。

  • 明朝系:筆で書いたようなデザイン(本文でよく使用される)
    • 日本語フォント:MS明朝、HG教科書体など
    • 欧文フォント:Century、Times Newなど
  • ゴシック系:角ばったデザイン(見出しやキーワードでよく使用される)
    • 日本語フォント:MSゴシック、HG創英角ゴシックUBなど
    • 欧文フォント:Arial、Verdanaなど
font_sample.png

マメに保存する

ファイルは、適当なところで保存するようにしましょう。 保存しておかないと、 パソコンが突然動作しなくなったときに、作業が無駄になってしまいます。

文書をファイルに保存するには、次のように操作してください。

  • 最初に保存するとき:
    • メニューから、「ファイル」→「上書き保存」をクリック
    • 保存先やファイル名を設定して、「保存」ボタンをクリック
  • 2回目以降に保存するとき:
    • メニューから、「ファイル」→「上書き保存」をクリック

Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 11 Mar 2014 02:20:22 HADT (3730d)