Top > Install Log > CentOS6 > yum_setting
AND OR

yumの設定

yum-prioritiesのインストール

リポジトリの優先順位を設定できる、yum-prioritiesというプラグインをインストールする。

# yum -y install yum-plugin-priorities

centosplusの利用

ベースになるリポジトリ情報を編集する。

# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo

該当箇所を探して、「enabled=0」を「enabled=1」に変更

...
[centosplus]
...
enabled=0 ← 1に変更
...
...
[contrib]
...
enabled=0 ← 1に変更
...

さらに、各ベースのリポジトリの最後に優先順位を設定する。baseの場合は次の通り。

[base]
name=CentOS-$releasever - Base
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=os
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/os/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
priority=1 ←優先順位の設定(contribの場合だけ2とかにしておく)

プライオリティは1~99の値で設定する。値が大きい(または未設定)であるほど、優先順位は下がる。

外部リポジトリ(EPEL)の利用

いくつかの外部リポジトリを利用することにする。

まずは、Fedoraプロジェクトが提供するEPEL(Extra Packages for Enterprise Linux)を導入。

# rpm --import http://download.fedoraproject.org/pub/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL-6
# rpm -ivh
 http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

「--enablerepo」オプションなしで使うことがないように、次の2つのリポジトリの設定ファイルで「enabled=0」としておく。

  • /etc/yum.repos.d/epel.repo
  • /etc/yum.repos.d/epel-testing.repo

使うときは、次のようにオプションを指定する。

# yum --enablerepo=epel <command> [<package> ...]

外部リポジトリ(RepoForge、元RPMForge)の利用

有名なサードパーティのリポジトリ、RepoForgeも導入する。RepoForgeはRPMforgeから名称変更したリポジトリ。

# rpm --import http://apt.sw.be/RPM-GPG-KEY.dag.txt
# rpm -ihv
http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm

あと、いつも使うとは限らないので、リポジトリの設定ファイルでRepoForge(RPMforge)については「enabled=0」にしておく。

  • /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo

使うときは、次のようにオプションを指定する。

# yum --enablerepo=rpmforge <command> [<package> ...]

外部リポジトリ(Remi)の利用

LAMP(LAMPP)の最新バージョンを揃えたリポジトリ、Remiも導入する。

# rpm --import http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi
# rpm -ihv http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

あと、いつも使うとは限らないので、リポジトリの設定ファイルでRemiについては「enabled=0」にしておく。

  • /etc/yum.repos.d/remi.repo

使うときは、次のようにオプションを指定する。

# yum --enablerepo=remi <command> [<package> ...]

複数のリポジトリを使う場合

いくつかのリポジトリを組み合わせて利用する場合は、次のようにオプションを指定する。

# yum --enablerepo=epel,rpmforge,remi <command> [<package> ...]

参考URL


Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 18 Mar 2014 23:37:49 HADT (3724d)