Top > Install Log > CentOS6 > TeX
AND OR

TeX環境の導入

MoodleでTeX機能で数式を使えるようにするため、 TeX関係のソフトウェアをインストールする。

TeX関係のパッケージのインストール

システムの構築のときにインストールしているはずなので、 この作業は必要ないかも。

インストールされてない場合は、次のコマンドを実行する。 合わせてインストールされるパッケージが多いので、時間がかかることに注意。

# yum install tetex-latex tetex-dvips

インストールされるパッケージは、次のコマンドで確認してもよい。

# yum list tetex*

mimetexのインストール

Moodle(の一部)やPukiWikiで数式を表示する際に使用する、 mimetexをインストールする。

EPELパッケージからインストールすることができる。

# yum --enablerepo=epel install mimetex

mathtexのインストール

mimetexと同様の機能をする、mathtexを導入する。 広島大学の説明によると「mimeTeX は LaTeX 互換でしたが、mathTeX で『本物の LaTeX』になりました」ということで、ウラで LaTeX の処理系が動くそう。

まずは、インストールに必要となる「dvipng」をインストールする。

# yum install dvipng

つぎに、mathtex本体をインストールするが、yumからはできないので、公式サイトからソース一式をダウンロードする

# mkdir mathtex
# cd mathtex
# wget http://www.forkosh.com/mathtex.zip

圧縮ファイルを展開後、公式サイトに書いてあるようにコンパイルする。

# unzip mathtex.zip
# cc -DLATEX=\"/usr/bin/latex\" -DVIPNG=\"/usr/bin/dvipng\" mathtex.c -o mathtex.cgi

コンパイルできた「mathtex.cgi」を「mimetex.cgi」と同じ場所におく。

# cp mathtex.cgi /var/www/cgi-bin/

Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Wed, 19 Mar 2014 20:12:52 HADT (3723d)