Top > Lecture > InfoPrac2004 > 6th > save_file1
AND OR

ファイルの読み込みと保存

データの読み込み

テキストファイルから、データを読み込むには、 Excelを起動した後、次のようにします。

  1. メニューバーから「ファイル」→「開く」を選択
  2. 「ファイルを開く」ウィンドウが開く
    • 左側の「マイドキュメント」をクリック
    • 「ファイルの種類」から「テキストファイル」を選択
  3. データファイル「1124csv.txt」をクリックして、「開く」ボタンをクリック
  4. 「テキストファイルウィザード」のウィンドウが開く
    1. データの形式を選択。
      「カンマやタブなどの区切り文字によって...」が選ばれていることを確認して、「次へ」ボタンをクリック。
      テキストファイルウィザード(1)
    2. 「タブ」のチェックをはずして「カンマ」をチェックし、「文字列の引用符」を「{なし}」に選択。
      データのプレビューにどのようにデータが読み込まれるかを確認できたら「次へ」ボタンをクリック。
      テキストファイルウィザード(2)
    3. 「完了」ボタンをクリック。
  5. データの読み込みが完了

ファイルのExcel形式での保存

読み込んだデータを、ファイルに保存しましょう。
(⇒ テキスト: 163〜164ページ)

  1. メニューバーから、「ファイル」→「名前を付けて保存」をクリック
  2. ファイルの種類を、「Microsof Excelブック(*.xls)」に設定
  3. ファイルの保存先とファイル名を設定
    • 保存先: マイドキュメント
    • ファイル名: 「1124」+学籍番号+「.xls」(かならず半角文字で入力!)
      (例: 学籍番号がE2041000の場合、ファイル名は「1124E2041000.xls」)

上書きして保存する

データを修正したり追加して、 内容を更新した場合は、 ファイルを上書きして保存します。

  1. メニューバーから、「ファイル」→「上書き保存」をクリック
  2. ファイルが更新されます。
ポイント: 「ファイルの名前を付け替えたい!」
作業途中のファイルであっても、 あとのことを考えて、とっておきたい場合があります。 そのようなときには、ファイルのコピーを作るといいでしょう。 「名前を付けて保存」をすれば、 新しいファイル名で、別のファイルに保存しておきことができます。


次へに進んでください。



Attach file: fileex01.png 390 download [Information] fileex00.png 345 download [Information]

Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 11 Mar 2014 02:20:22 HADT (3757d)