Top > 2009 > 7th > exercise
AND OR

第7回の課題 : 数値データの処理

今回の課題は、表計算ソフトによる数値データの処理を行います。

授業時間中に、eラーニング上で、小テストを受けるのを忘れないように!

課題の内容

eラーニングにある「課題のサンプル」を参考に、 完成した表が次に指示した内容になるように、表や数式を作成しなさい。

  • B37〜H37セルを結合する
  • B42〜C42セルを結合する
  • L3〜L32セルに、「1位から5位の場合はセルを適当な色で塗りつぶす」ような条件付き書式を設定する
    ヒント
    • L列には 1〜30までの数字が表示されるので、「1位から5位」は表示される数字が1〜5になる
  • M3〜M32セルに、学生ごとの国語・英語・社会の成績の合計点を求める
  • N3〜N32セルに、学生ごとの国語・英語・社会の合計点(M列)の順位をつける
  • N3〜N32セルに、「1位から5位の場合はセルを適当な色で塗りつぶす」ような条件付き書式を設定する
  • O3〜O32セルに、学生ごとの数学・理科・情報の成績の合計点を求める
  • P3〜P32セルに、学生ごとの数学・理科・情報の合計点(O列)の順位をつける
  • P3〜P32セルに、「1位から5位の場合はセルを適当な色で塗りつぶす」ような条件付き書式を設定する
  • C45〜C49セルに、平均点(I列)の分布(人数)を求める
    • C45セル:80点以上 100点以下の人数を COUNTIF 関数で求める
    • C46セル:60点以上 80点未満の人数を COUNTIF 関数で求める
    • C46セル:40点以上 60点未満の人数を COUNTIF 関数で求める
    • C46セル:20点以上 40点未満の人数を COUNTIF 関数で求める
    • C46セル:0点以上 20点未満の人数を COUNTIF 関数で求める
      ヒント
      • COUNTIF 関数には条件は1つしか設定できない(「○○以上」や「○○以下」など)
      • COUNTIF 関数を2つ使う(使い方は自分で考えること)
      • 次の図をよく見て考えてみてみること
        COUNTIF関数を使った処理
  • 課題のサンプルを参考に、シートに罫線やセルの塗りつぶしを設定すること

課題の提出方法

ファイルの保存

課題が完成したら、次のようにしてファイルに保存してください。

  1. 「Office」ボタンをクリックして、「名前を付けて保存」→「Excelブック」を選択
  2. 保存する場所に「マイドキュメント」などを設定
  3. ファイル名に「1130」+「学籍番号」+「.xlsx」を設定(半角文字で)
    • 例:学籍番号がH2091000の場合、ファイル名は「1130h2091000.xlsx」

課題の提出

保存できたら、eラーニングのシステムにアップロードして、 課題を提出します。

  1. 『第7回の課題の提出』をクリック
  2. 「参照」ボタンをクリックして、ファイルの一覧を表示
  3. 保存したファイルをクリックして選択した後、「開く」ボタンをクリック
  4. 「ファイルをアップロードする」ボタンをクリック
  5. 「ファイルが正常にアップロードされました」と表示されたら、提出完了!

課題の期限

期限をすぎると、提出できなくなりますので、注意してください。

  • 提出期限: 平成21年12月7日(月) 9:00まで




Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Fri, 04 Dec 2009 22:05:54 HADT (4553d)